teachersメンバー(教員)
メンバー(教員)を紹介をいたします

ホーム > メンバー(教員)

小林 潤

小林
資格 医師 医学博士
国際保健で興味ある分野 学校保健、僻地保健、マラリア対策、エイズ対策、看護人材、難民移民、
保健政策
他で関心のある分野 環境と保健
他好きなこと サーフィン

パーソナルヒストリー

 琉球大学医学部卒後、2001年まで同大学教官として勤務。その間、ブラジルで2年のJICA専門家経験ののち、ラオス国プライマリーヘルスケア専門家で3年滞在後、マラリア対策アドバイザーとして3年間・青年海外協力隊とのタイアップ事業を成功させた。ラオス国政府からはマラリア患者の減少への貢献によって労働功労勲3等を受ける。その後もラオス国に対して、政策に反映し且つ現地の人材育成に資する研究事業を現在まで継続して推進している。
 2001年からは国立国際医療研究センター国際医療協力部に移り、東南アジア、西アフリカ各国にて国際協力・研究活動を推進した。特に橋本イニシアチブ事業に参画して世界の学校保健普及と推進に貢献した。2010年には国際学校保健コンソーシャムを結成し、日本のシンクタンクとして世界のパートナーとタイアップして開発途上国の学校保健政策立案、実施、評価についての支援を行っている。2008年にはミャンマーの難民保健医療を支援するNGO「メータオクリニック支援の会(JAM)」を立ち上げ、草の根の国際協力も実践している。
 2013年より琉球大学医学部保健学科国際地域保健学教室教授。現在は地球の持続的発展に資する保健開発戦略策定をテーマに研究を推進中。また実践と研究両方の視野を持つ国際保健分野若手人材育成を目指して教室キャパシティーの強化を内外連携のもと諮っている。ラオス、フィリピン、インドネシアを中心に東南アジアでの研究と実践を中心に、アフリカにおいても研究事業を展開している。2017年よりJICA沖縄の保健分野課題別研修(母子保健、感染症対策、公衆衛生計画、生活習慣病対策)年7-8コースをTAネットワーキングと協力して運営、低中所得国の行政官の人材育成をはかりながら、大学院生の参加を可能とし実践的教育の場として提供している。2020年にはラオスにおいて、JICA草の根プロジェクト(女性のエンパワメントによる母子保健強化)を開始予定。アジア太平洋でのアイランドヘルスに着目し、グアム大学との連携による研究を開始予定。
2008- Technical Advisor Partnership for Child Development, UK
2008ー NPO法人メータオクリニック支援の会 代表理事
2011- Chair, Japanese Consortium for Global School Health Research 
2016ー フィリピン大学公衆衛生学部客員教授
2019- 大阪大学ユネスコチェア:Global Health and Education 外部委員
2018- 琉球大学ラオス拠点・拠点長
2020- ラオス保健研究コンソーシャム(JC-LAO)代表
2020- 琉球大学島嶼地域科学研究所併任

受賞
November 1999   Labor 3rd order of Merit  (Lao PDR)
October 2002  研究奨励賞、日本熱帯医学会
March 2013       大山健康財団奨励賞
April 2016         Zero Malaria Award, No More Malaria Japan
Nov 2017         相川正道賞、日本熱帯医学会

メッセージ

国際保健の仕事を始めて30年が過ぎましたが、後悔したことはありません。
いろいろな国でいろいろな出会いが待っていますよ。


野中大輔

資格 保健学博士
国際保健で興味ある分野 Primary healthcare, social determinants of health
他で関心のある分野 well-being, health behavior theory/model
好きなこと 家庭菜園、釣り


パーソナルヒストリー

学歴
平成6年3月:明治大学農学部農学科卒業
平成17年4月~18年3月:国立国際医療研究センター適正技術開発・移転研究部(現:マラリア・熱帯医学研究部)研究生
平成20年3月:東京大学医学系研究科国際保健学専攻修士課程卒業
平成23年3月:東京大学医学系研究科国際保健学専攻博士課程卒業
職歴
平成6年4月~平成14年2月:イカリ消毒株式会社にて有害生物の検査・研究、食品・医薬品工場などにおける衛生管理コンサルタント。
平成15年4月~17年4月:JICA青年海外協力隊(マラリア対策、ラオス)
平成19年4月~8月:JICA短期専門家(フィールド・リサーチ、ガーナ)
平成22年1月~2月:JICA短期専門家(疫学・統計、ニジェール)
平成20年12月~23年3月:国立国際医療研究センター国際保健医療研究部(現:疫学・予防研究部)非常勤研究員
平成23年4月~平成27年3月:琉球大学医学研究科寄生虫・免疫病因病態学講座 助教
平成27年4月~:琉球大学医学部保健学科国際地域保健学分野 准教授

メッセージ

研究の裨益者は誰なのか?このことを常に念頭において、研究を進めたいと思います。
多くの方々の協力無しに研究はできません。研究成果が世の中に還元できるように、研究のデザインと論文公表を重視しています。


 

竹内 理恵

 
資格 診療放射線技師 熱帯医学博士
国際保健で興味ある分野 マラリアの疫学、寄生虫対策、学校保健、人の行動と感染症
他で関心のある分野 環境DNAと感染症、行動科学、感染症数理モデル、空間解析
好きなこと 途上国で暮らす、家に引きこもる

パーソナルヒストリー

 診療放射線技師として総合病院で6年半働いたのち海外放浪が始まる。中国、セネガル、ザンビア、スリランカ、タイ、ガーナ、ベナン、ニジェール、ケニア、フィリピン、ラオスで国際協力や研究、勉学にいそしむ。そして、今回、琉球大学にて本格的にアカデミックに足を踏み入れる。

 

略歴

診療放射線技師免許取得後

日本鋼管病院アイソトープ科および放射線科に診療放射線技師として6年半勤務 ののち

中国医科大学第一医院核医学科(中国遼寧省瀋陽市)にて羅教授指導のもと技術交流(約13か月)、そして

青年海外協力隊10年度3次隊診療放射線技師隊員としてセネガルのカオラックへ派遣(2年)、それから

TICONGO)レントゲン施設基盤整備プロジェクトおよびX線装置リサイクルプロジェクト 放射線専門家としてザンビアへ派遣(約13か月)、さらに

AMDANGO“Peace Building Project through Health”プロジェクト 放射線専門家としてスリランカへ派遣(11か月)、そののち

マヒドン大学熱帯医学部大学院(タイ、バンコク)に進学(20046月~20098月)、在学中に

JICA国際寄生虫対策西アフリカセンタープロジェクト研修マネジメント/学校保健専門家(短期)としてガーナへ派遣(5か月:うち3か月はベナンにて業務)

マヒドン大学にて博士号取得後、ニジェールでの学校保健研究活動を経て

琉球大学亜熱帯島嶼科学超域研究推進機構ポスドク研究員(1年)

長崎大学熱帯医学研究所JICA草の根事業学校保健専門家としてケニアへ派遣(合計約4か月)

長崎大学熱帯医学研究所ケニア拠点有期助教(ケニア派遣)(4年)

長崎大学熱帯医学研究所ケニア拠点戦略職員(ケニア長期出張)(1年)ののち

琉球大学医学部保健学科国際地域保健学教室 特命講師 2020年4月ー2021年3月

JICA特別アドバイザー/琉球大学客員研究員として国際地域保健学に配属 2021年4月

メッセージ

 どんなことも楽しんで進んでいきましょう。研究する側も、被検者となる側も、すべての人にとって楽しくためになるような研究を心がけましょう。