teachersメンバー(教員)
メンバー(教員)を紹介をいたします

ホーム > メンバー(教員)

小林 潤

小林
資格 医師 医学博士
国際保健で興味ある分野 学校保健、僻地保健、マラリア対策、エイズ対策、看護人材、難民移民、
保健政策
他で関心のある分野 環境と保健
他好きなこと サーフィン

パーソナルヒストリー

 琉球大学医学部卒後、2001年まで同大学教官として勤務。その間、ブラジルで2年のJICA専門家経験ののち、ラオス国プライマリーヘルスケア専門家で3年滞在後、マラリア対策アドバイザーとして3年間・青年海外協力隊とのタイアップ事業を成功させた。ラオス国政府からはマラリア患者の減少への貢献によって労働功労勲3等を受ける。その後もラオス国に対して、政策に反映し且つ現地の人材育成に資する研究事業を現在まで継続して推進している。
 2001年からは国立国際医療研究センター国際医療協力部に移り、東南アジア、西アフリカ各国にて国際協力・研究活動を推進した。特に橋本イニシアチブ事業に参画して世界の学校保健普及と推進に貢献した。2010年には国際学校保健コンソーシャムを結成し、日本のシンクタンクとして世界のパートナーとタイアップして開発途上国の学校保健政策立案、実施、評価についての支援を行っている。2008年にはミャンマーの難民保健医療を支援するNGO「メータオクリニック支援の会(JAM)」を立ち上げ、草の根の国際協力も実践している。
 2013年より琉球大学医学部保健学科国際地域保健学教室教授。現在は地球の持続的発展に資する保健開発戦略策定をテーマに研究を推進中。また実践と研究両方の視野を持つ国際保健分野若手人材育成を目指して教室キャパシティーの強化を内外連携のもと諮っている。

メッセージ

国際保健の仕事を始めて20年が過ぎましたが、後悔したことはありません。
いろいろな国でいろいろな出会いが待っていますよ。


野中大輔

資格 保健学博士
国際保健で興味ある分野 Primary healthcare, social determinants of health
他で関心のある分野 well-being, health behavior theory/model
好きなこと 家庭菜園、釣り


パーソナルヒストリー

学歴
平成6年3月:明治大学農学部農学科卒業
平成17年4月~18年3月:国立国際医療研究センター適正技術開発・移転研究部(現:マラリア・熱帯医学研究部)研究生
平成20年3月:東京大学医学系研究科国際保健学専攻修士課程卒業
平成23年3月:東京大学医学系研究科国際保健学専攻博士課程卒業
職歴
平成6年4月~平成14年2月:イカリ消毒株式会社にて有害生物の検査・研究、食品・医薬品工場などにおける衛生管理コンサルタント。
平成15年4月~17年4月:JICA青年海外協力隊(マラリア対策、ラオス)
平成19年4月~8月:JICA短期専門家(フィールド・リサーチ、ガーナ)
平成22年1月~2月:JICA短期専門家(疫学・統計、ニジェール)
平成20年12月~23年3月:国立国際医療研究センター国際保健医療研究部(現:疫学・予防研究部)非常勤研究員
平成23年4月~平成27年3月:琉球大学医学研究科寄生虫・免疫病因病態学講座 助教
平成27年4月~:琉球大学医学部保健学科国際地域保健学分野 准教授

メッセージ

研究の裨益者は誰なのか?このことを常に念頭において、研究を進めたいと思います。
多くの方々の協力無しに研究はできません。研究成果が世の中に還元できるように、研究のデザインと論文公表を重視しています。


 

児玉 光也 KODAMA, Mitsuya

出身 佐賀県
資格 保健学修士
国際保健で興味ある分野 災害公衆衛生、コミュニティヘルス
他で関心のある分野 難民、市民社会、安全保障、産官学民協力
好きなこと スキューバダイビング、テニス、ラグビー、サックス、数独

パーソナルヒストリー

慶應義塾大学総合政策学部では安全保障研究、英国Oxford大学留学中には難民研究、東京大学大学院医学系研究科国際地域保健学教室及び東北大学大学院医学系研究科災害医療国際協力学分野にて国際保健、災害医療及び疫学を研究。

マラウィ国Evangelical Lutheran Development Program (ELDP)(駐在3ヶ月)、外務省経済協力局(現国際協力局)、NGO HANDS(アンゴラ、スリランカ、ケニア)、バングラディシュ(駐在2年)及びアフガニスタン日本大使館(駐在3年)、国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)保健マネージャーとしてハイチ(駐在1年)の地震後の地域保健、サイクロン及びコレラ対策、東日本大震災ではNGOジャパン・プラットフォーム(JPF)コーディネータ(駐在2年)として、みやぎ連携復興センターの立上げ・運営等、被災地の復旧・復興に携わった後、横浜市立大学グローバル都市協力研究センター(GCI)を経て、現在琉球大学医学部国際地域保健学教室において災害公衆衛生、動物媒介性感染症研究に従事。

NGO リトル・ビーズ・インターナショナル(LBI)、NGO メータオクリニック支援の会(JAM)、NGO 災害人道医療支援会(HuMA)国際協機構(JICA)国際緊急援助隊(JDR)医療チーム、国際学校保健コンソーシアム(JC-GSHR)支援の質とアカウンタビリティ向上ネットワーク(J-QAN)逗子フェアトレードタウンの会(FTTZ)Professionals in Humanitarian Assistance and Protection (PHAP)Prevention-webJohn Snow Society等の活動、自治体の防災活動にも従事。

メッセージ

関心の赴くままに歩んできました。
“Go  to  the  People”をスピリットに活きていきたいと考えています。

“Go  to  the  People”
人々の中へ行きなさい。人々の中に住みなさい。人々を愛し、人々から学びなさい。人々が知っていることから始めなさい。人々が持っているものの上に築きなさい。
しかし最も優れた指導者の、その仕事が完成した時、人々はこう言うでしょう。「我々がやったのだ」と。
 

Paul Michael Hernandez

出身 Philippines
資格 Bachelor’s Degree in Biology (University of the Philippines Diliman)
Doctor of Medicine (University of the Philippines Manila)
Master of Occupational Health (University of the Philippines Manila)
Assistant Professor (College of Public Health, University of the
Philippines Manila)
好きなこと Watching movies and television series, travelling
行ったことのある国 Indonesia, Malaysia, Thailand, and United States of America
関心のある分野 Occupational Health particularly on healthcare workers, Industrial
Hygiene, Disaster Risk Reduction and Management

パーソナルヒストリー

After earning my Bachelor of Science Degree in Biology, I pursued Doctor of Medicine in University of the Philippines Manila. I then worked as a physician in various out-patient clinics. After months of clinical practice, I decided to enroll in the Master of Occupational Health program of the same university, and completed it in 2012. I then became an Assistant Professor under the Department of Environmental and Occupational Health, College of Public Health, University of the Philippines Manila.

I have been involved in researches on Environmental and Occupational Health. My undergraduate group ventured on determining noise exposure among traffic enforcers. I was also part of the investigating team of a research funded by the Department of Health Philippines entitled Baseline Research Study on the Occupational Diseases Among Workers in Public Healthcare Facilities and DOH Offices. Afterwards, I joined the for the project entitled Strengthening the National Occupational Health and Safety Program of the Philippines.

Furthermore, I have attended trainings, conferences and symposia on Environmental and Occupational Health, Bioethics, Biosafety and Biosecurity, Disaster Risk Reduction and Management, and Leadership and Governance.

メッセージ

I am excited to learn more about Global Health and share my expertise as well with the Department of Global Health of the University of the Ryukyus.