studentsメンバー(学生 博士)
メンバー(学生 博士)を紹介をいたします

ホーム > メンバー(学生 博士)

上原 真名美

出身  沖縄
資格  琉球大学医学部保健学科 卒業
 ノースカロライナ州立チャペルヒル校 公衆衛生学修士号取得
好きなこと  サルサ、旅行、子どもと遊ぶこと
行ったことのある国  アメリカ、オーストラリア、フランス、韓国、中国、マカオ、台湾、タイ
関心のある分野  母子保健、low-resource settingにおける女性グループの活用、
   measurement and evaluation 

パーソナルヒストリー

保健学科卒業後は、県内の病院で助産師として勤務。もともと国際保健に興味があり、母子保健に関する国際機関や国際協力NGOで働くことが目標だったため病院を退職し、大学院への入学を目指した。半年間、英語を猛勉強し、ノースカロライナ州立チャペルヒル校の公衆衛生学部に入学。修士号取得後は、アメリカで3年ほどゆっくりと育児を満喫し、沖縄へ帰国。琉大での研究支援員や技術職員として働く中で、やはり国際保健に携わっていきたいと考え、博士課程へ進学。

メッセージ

国際地域保健は、雰囲気も明るく、ディスカッションも活発で、毎日新しい学びを得ることができます。これから、助産師としての経験や修士の知識だけでなく、アメリカでの生活体験や自分自身の育児を通して広がった視野も研究に活かしていきたいと思っています。Think globally, act locally をモットーに「グローカル人材」を目指して、楽しんでやっていきたいと思っています!


宮城 なつき

出身 沖縄県宜野湾市
資格 医師
好きなこと 海辺で夕陽を眺めること、星空観察
行ったことがある国 タイ、ミャンマー、カンボジア、ベトナム、シンガポール、モンゴルなど
関心のある分野 学校保健、母子保健、思春期保健、貧困、教育など

パーソナルヒストリー

筑波大学卒業後、都内で初期・後期臨床研修修了し、沖縄へ戻る。
沖縄県立南部医療センター・こども医療センター新生児内科にて4年間勤務。
臨床を行う中で保健の重要性を感じたこともあり、以前より興味のあった国際保健学へ入学。

メッセージ

こんにちは。私はこれまで臨床医として働いていましたが、今回、思い切って新たな分野に飛び込んでみました。
初心者ですが、これから多くの刺激を受け、学び、研究を行いたいと思います。

 


永吉美香

 
出身 福岡県
資格 作業療法士
好きなこと 食べること、音楽、旅行、フラメンコ
行ったことがある国 中国、チベット、マレーシア、タイ、インド、ニュージーランド、アメリカ、韓国、チリ
関心のある分野 思春期青年期の発達支援 非行・犯罪に関する作業療法

パーソナルヒストリー

京都大学文学部哲学科心理学専攻卒業後、少年鑑別所にて勤務。退職後、長崎大学医療技術短期大学部にて作業療法士の資格取得。精神科クリニック、精神科病院、特別支援学校などに勤務。2010年県立広島大学保健福祉学部にて修士号取得後、同大学作業療法学科に勤務中。地域では発達障害の子供たちの支援や、非行関連の親の会や自立準備ホームの支援に取り組んでいる。沖縄と広島を行ったり来たり生活。

メッセージ

私の研究テーマは国内でのものなのですが、国際的なマインドで研究できるようになりたいなーと思ってアプライしたら、ラッキーにも受け入れていただけました。グローバルとローカル、両方の視点を持っていることが大事!というのが教室の方針だったからなのですね。先生方も学生の皆さんも、本当にパワフルで、オープンマインドで、気持ちがいい方々ばかりです。世界をとても近くに感じつつ、沢山の良い刺激をうけながら学べるところです。

VILAY Phoutnalong

Country Lao PDR
Qualification

Master of Public Health, National Institute of Public health

Major in International Health

Hobby  I love playing football and traveling to country site
Visited Countries I have been to Thailand, Vietnam, Cambodia, Philippines, China and Switzerland
Interests Malaria and tropical disease prevention and control

Personal History

I graduated at medical university of Lao PDR in 2000, after that I started work at Center of Malariology, Parasitology and Entomology under Ministry of Health. The main respond for malaria disease control and prevention and also related with dengue and parasitic diseases control. During working I had many chance to attend on tropical disease control training as well as participate in international conferences. Additionally, I have worked closely with NGOs and international agencies such as WHO, HPA, JICA/SATREP, PSI, USAID and national and local partners to combat the diseases in Lao PDR. 
 

Message

My willing is try to learn and absorb the value lesson from professors, teachers and colleagues in order to be a scientific researcher in a field of public health.  I believe that the principle and lesson learn that I going to receive from the Faculty of Health Sciences, University of the Ryukyus, Okinawa, Japan, will be applied to assist in the national malaria control progamme and related diseases control.

 


Estrada Crystal Amiel Maceda

出身 (Country) Philippines

資格(Qualification)

Licensed Clinical Laboratory Scientist (Medical Technologist), Bachelor’s and Master’s degrees in Public Health (University of the Philippines Manila)
好きなこと (hobby) Baking, cooking, watching anime

行ったことがある国

(visited countries)

Hong Kong
関心のある分野 (interests) Mental health, prevention and control of leptospirosis

パーソナルヒストリー (Personal history)

After gaining my Bachelor’s degree in Public Health from the College of Public Health, University of the Philippines Manila, I worked as a research assistant for the Department of Medical Microbiology at the same university from 2010 to 2015. I was involved with Japan and Philippines’ joint program on the prevention and control of leptospirosis in the Philippines (LepCon), particularly in the determination of the seroprevalence of leptospirosis in the Philippines and development of monovalent and bivalent vaccines against Leptospira applicable in the Philippine setting. Apart from my laboratory work, my duties as a research assistant also entailed going to the field to collect data for our animal and human seroprevalence study. On July 2015, I successfully earned my Master of Public Health from the University of the Philippines Manila.  A few months later, I transferred to Global City Innovative College and served as the Faculty Head of its School of Medical Technology for one term. I wanted to pursue further studies in the field of global health; hence, I entered the Department of Global Health, University of the Ryukyus.

メッセージ (Message) 

I just entered the Doctor program this year and I am looking forward to learn everything I can not only from my professors and fellow students at the Department of Global Health, but also from my experience living in a wonderful foreign country like Japan. I am excited to apply everything that I will learn here in my home country.