suppotersメンバー(研究員)
メンバー(研究員)を紹介をいたします

ホーム > メンバー(研究員)

當山紀子

出身 大阪府
資格 看護師、保健師、国際保健学修士、保健学博士
好きなこと 歌うこと、踊ること、旅行、テニス、スキー、映画鑑賞
行ったことがある国 タイ、ラオス、ベトナム、フィリピン、シンガポール、マレーシア、インドネシア、インド、ネパール、パプアニューギニア、中国、台湾、韓国、オーストラリア、パラオ、イタリア、バチカン、フランス、モナコ、ドイツ、イギリス、スイス、オランダ、チェコ、ベルギー、フィンランド、エストニア、ラトビア、リトアニア、ロシア、イスラエル、パレスチナ、メキシコ、カナダ、アメリカ合衆国、プエルトリコ、パナマ、ホンジュラス、エクアドル、ブラジル、ペルー、エジプト、ルワンダ
関心のある分野 母子保健、地域保健、国際保健

パーソナルヒストリー

看護師資格取得後、小児科病棟において臨床看護に従事。大学院修了後、国際保健協力を実施しているNPO法人Health and Development Service(HANDS) にてProgram Officerとして勤務した後、政府開発援助の技術協力プロジェクトの地域保健専門家としてインドネシアでの母子保健サービスの改善と母子健康手帳の普及に携わった。帰国後、保健師として埼玉県の保健所勤務を経て、厚生労働省に入省し、母子保健課、国際課、高齢者支援課に勤務。その間に、パレスチナにて母子健康手帳の開発・普及に携わった。その後、博士課程に進学して研究に取り組むと共に、沖縄県立看護大学の地域保健看護及び国際保健看護の講師として看護師・保健師教育に従事。退職後出産し、子育てしながら約1年間米国ボストンに滞在。帰国後現職。

学歴
東京大学医学部健康科学・看護学科卒業
東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻修士課程修了
東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学科専攻博士後期課程修了

著書
リュックをしょったナース アジアでボランティ ア(総合医学社)
やさしく学べる国際保健・看護の基礎と実践(桐書房)
国際保健医療のキャリアナビ(南山堂)等

メッセージ

チャレンジして失敗したり、悩んだり迷ったりすることがあると思いますが、七転び八起きで一緒にがんばりましょう!