recruit採用情報
採用情報について

ホーム > 採用情報

入試要項が琉球大学医学部HPにアップされています。


Okinawa Global Health Science Program(大学院 博士前期課程、後期課程: 沖縄国際保健コース)
入試要項がでています。
8月10-14日が申込み、25日が入試です。
日本人のグローバル人材育成も狙いです!留学生とともに沖縄で英語で学べるコースです。
詳細は下記をみてください。
http://www.med.u-ryukyu.ac.jp/okinawa-grobal-health-science

Okinawa global health course 開講 (入試・採用)をクリック!

Okinawa global health course 10月1日開講です。(先行通知!)
以下概要です。近日中に保健学研究科から正式な通知も出る予定です。
博士前期課程(修士2年間,定員2-4名)、博士後期課程(博士3年間、定員2-4名)
*国費留学生はこの定員に含みません。日本人のかたはフィリピン・ラオスからの国費留学生と一緒に学ぶことになります。

出願資格審査

(書類提出)平成27年7月27日(月)~7月31日(金)

(結果通知)平成27年8月5日(水)

出願期間

(願書提出)平成27年8月10日(月)~8月14日(金)
受験日 8月25日 
英語の試験はありませんが、TOFELもしくはTOFICの点を参考とします。
*事前に各教室の受験内諾が必要になりますので、連絡してください。
学位論文指導について特に希望の教室がなければ国際地域保健学教室までご連絡ください。相談に乗ります。
特に前期課程は空きがある見込みです。


グローバルヘルス国際コース(仮)10月開講

保健学研究科(大学院)は10月にグローバルヘルス国際コース(仮)を開講します。すでに文部科学省留学生特別プログラムに採択され、アジア・太平洋国から留学生が来ることが内定しています。このコースは留学生だけでなく、日本人の人材育成にも重きをおいており、地球規模課題の保健学を学ぶ国際コースです。講義は英語で行われますが、個人指導は英語・日本語両方使用していきますので、留学生とともに学ぶ環境で英語やアジア各国の言語習得にもメリットがあるでしょう。また開発途上国での国際保健の実施・研究のスキルだけでなく、沖縄や日本のグローバル化に資する人材育成も行います。沖縄は国際保健医療拠点の一つとして開発される計画がすでに立ち上がっています。地球規模課題の保健学とは公衆衛生学、看護学、検査科学、生物学、人類学、医学等々の学問を、グローバルヘルスの視点;すなわち沖縄や日本に資するということだけでなく、アジアや地球全体を考えて学ぶことと考えています。国際地域保健学教室だけでなく、多くの教室が参加し学生の研究指導を行う予定です。興味があるかたは遠慮なく連絡ください。

入試・採用情報について

入試・採用情報


ただいま、準備中です。